PRODUCT

HY-MP02

フェロシリコン(珪石)

HY-MP02

フェロシリコン(珪石)

フェロシリコン(珪石)は鉄とシリコンで構成された鉄合金です。 フェロシリコンはコークス、鋼くず、石英(珪石)を原料とし、電気炉で製錬した鉄シリコン合金です。 用途:

  • 1. 煉鋼中の脱酸剤と還元剤として使用
  • 2. 鋳造業界で接種剤、摂取剤、球状剤として使用
  • 3. 金属製錬の還元剤として使用
  • 4. その他用途で使用

フェロシリコン(珪石)は鉄鋼業、鋳造業及びその他の工業生産で幅広く使用されています。
またフェロシリコン(珪石)は製鋼業で必要不可欠な脱酸剤です。用途は沈殿脱酸と拡散脱酸に使用されます。煉瓦鉄は製鋼の合金化剤としても使用されます。鋼に特定の量のシリコンを追加すると、鋼の強度、硬度、弾性が大幅に向上し鋼の導慈率を上げ、変圧器鋼の導慈滯の損耗を抑えます。シリコン(ケイ素)或いは合金鉄系シリコンは鉄合金業で低炭素鉄合金製造用還元剤として使用されています。鋳鉄にフェロシリコンを加えるとダクタイル鉄の接着剤として使われます。また炭化物の形成防止となり黒鉛鋳鉄の析出と球状化の促進となり鋳鉄の性能の改善へと繋がります。
これら以外に、フェロシリコンパウダーは、鉱物業界で懸濁相として使用されています。在溶接棒製造業では溶接棒の塗料に使用されています。製鋼業では、鋼鉄1トンあたり約3〜5 kgの75%フェロシリコンを消費しています。 融点:75FeSiは1300℃

SPECIFICATION SIZE PACKING
ケイ素 (SI): 75 PCT MIN
アルミ (AL): 1.5 or 2.0 PCT MAX
リン (P): 0.04 PCT MAX
硫黄 (S): 0.02 PCT MAX
炭素 (C): 0.2 PCT MAX
10-50 mm or
10-60 mm or
10-100 mm,
90% MIN
トン袋包装となります。,每袋重量約1000 kg

/in a plastic woven bag of about 1 MT

その他詳細に関してはお問い合わせ下さい。
ケイ素 (SI): 72 PCT MIN
アルミ (AL): 1.5 or 2.0 PCT MAX
リン (P): 0.04 PCT MAX
硫黄 (S): 0.02 PCT MAX
炭素 (C): 0.2 PCT MAX
75% LOW AL
ケイ素 (SI): 75 PCT MIN
アルミ (AL): 0.5 PCT MAX
リン (P): 0.05 PCT MAX
硫黄 (S): 0.02 PCT MAX
炭素 (C): 0.2 PCT MAX
10-50 mm 
90% MIN